“調剤薬局事務”と“医療事務”の違い

“調剤薬局事務”
と“医療事務”
の違い


ユーキャンの
調剤薬局事務



 調剤薬局事務とは調剤薬局での薬代の計算をし、調剤レセプトを作る、お薬代の計算(精算)をするお仕事全般で、それに対し、医療事務とは病院における医療費の計算をし、保険からの支払い分を請求するレセプトを作る、いわばお医者さんの技術代の計算(精算)になります。

 ごく簡単に言うと、病院の事務か、薬局の事務かの違いです。

 調剤薬局事務、医療事務ともに、主な業務はレセプト作成の事務がもっとも割合を占め重要な業務であるが、病院や薬局の規模によって、こなさなければならないことはたくさんあります。

 小さな病院であれば、医療事務と受付や会計、ご案内なども行うこともあるでしょう。調剤薬局事務も受付や会計、処方箋の管理なども行うかもしれません。結局、患者さんというお客さん相手のサービス業の一面も持っているので、人と接するための常識も必要です。

 しかし、資格講座では、事務を行う知識習得がメインですので、現場での実務やはり、経験しかないです。そのため、信頼のできる(就職サポートも積極的に行ってる)ような資格講座を見つけ、早くライセンスを取得して、現場に出ることが一番です。

 また、医療事務ではカルテから医師の行った診察や治療、お薬などの情報を的確に読み取る知識が必要です。調剤薬局事務では薬学業務、薬学一般(医薬品の種類、薬効分類)などの知識も必要になります。





お問合せw

(C)働くための資格調剤薬局事務の講座